Read Article

エコ・ジオツーリズム推進講演会

エコ・ジオツーリズム推進講演会

1月31日(日)、「エコ・ジオツーリズムのススメ」と銘打ってえんがる町観光協会と白滝ジオパーク推進協議会の主催で講演会を開催しました。テーマーはツーリズム=観光。会場には63名の方にご参加いただき、満員御礼です!

講演一人目は、世界遺産・知床で最初にガイド事業を始めた松田光輝さん。松田さんは、環境省のエコツーリズム推進アドバイザーとして来町いただき、講演会の2日前から町内各所を視察いただいた上で、お話をしていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(株)知床ネイチャーオフィス代表取締役 松田光輝さん

講演では、遠軽町は観光地のイメージがなかったが、現地を見て資源性が高いとした上で、それを安売りをしすぎている点を指摘。また、遠軽町の人口ビジョンを基に人口減少や高齢化が進む中で地域を守っていくには観光客から外貨を得ていく必要性を説かれ、遠軽町の資源を生かしたツアーのあり方にアドバイスをいただきました。

二人目の講師は、北海道各地の体験観光を紹介するウェブサイト「北海道体験.com」を運営し、道内各地のツアーを企画する(株)北海道宝島旅行社社長の鈴木宏一郎さん。鈴木さんは、昨年11月にも遠軽に来ていただき、続いての来町です。

鈴木さんのお話では、遠軽町には、他地域がうらやましく思うほど多くの観光資源ある。これらを生かして外貨を稼ぐのが観光の本来の目的で、そのために、ガイド育成とともに地域の資源を上手くつなげる現地コーディネーターの必要性があることを説かれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(株)北海道宝島旅行社代表取締役 鈴木宏一郎さん

時に厳しい指摘を交えながらも、お二人から遠軽町の観光資源のポテンシャルを高く評価いただきました。遠軽町で稼ぐ観光を実践するためには、地域が危機感を共有して思い切った取り組みが求められています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午後からは、ジオパーク関係者、青年団体、まちづくりに関心のある女性などと、講師との意見交換会で、ガイド育成、コーディネート組織づくりや観光キーパーソンの確保などについて、意見を交わしました。

午前、午後と熱い議論となりました。これをきっかけに遠軽町のエコ・ジオツーリズムを前進させなければいけないという意識を持っていただけたのではないでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top