Read Article

よみがえれ!秘境駅「白滝シリーズ」~思い出写真を募集します~

よみがえれ!秘境駅「白滝シリーズ」~思い出写真を募集します~

JR石北本線上白滝駅白滝駅旧白滝駅下白滝駅(2001(平成13)年までは奥白滝駅を含む5駅)は、秘境駅「白滝シリーズ」として多くの鉄道ファンの間で有名です。このうち白滝駅以外の無人駅3駅が、北海道新幹線開通前日の2016年3月25日に廃駅となりました。simosirataki奇しくもJR石北本線遠軽駅は、2015年11月1日で開駅100周年を迎えたところでした。その歴史をひも解くと、1915(大正4)年に、現在の北見市と湧別間をつなぐ路線(軽便鉄道)から始まり、1927(昭和2)に旭川~遠軽間までが開通。その後、1929(昭和4)年に下白滝駅が、1932(昭和7)年に上白滝駅が設置され、昭和22年に旧白滝駅が臨時駅としてスタートし今日まで人々と物資を運んできました。
≫詳しくは「えんがるストーリー」をご覧ください
≫白滝シリーズとアイヌ語地名についても紹介しています。詳しくは 北海道学芸職員部会コラムリレー をご覧ください。

この度の無人駅廃駅を受け、遠軽町教育委員会ではこれら駅舎の記録保存を図るため、秘境駅「白滝シリーズ」に関る思い出写真を募集することになりました。また、応募いただいた写真は白滝地域の夏祭り「第3回アンジくんのふるさとまつり(8/20)」会場にて、花火とともにその写真を大型スクリーンに投影し、地域の人びとと在りし日の思い出を振り返ります。

秘境駅「白滝シリーズ」に関る思い出写真をお持ちの方は、下記の募集要項をよく読み、ぜひご投稿ください。みなさまのご協力をお待ちしています!!

募集要項

1.目的

2016年3月25日をもって廃駅となったJR石北本線上白滝駅旧白滝駅下白滝駅(2001年廃駅の奥白滝駅も含む)および白滝駅の歴史を後世に正しく継承するため、記録として保存します。

2.募集内容

①上記各駅および通過車両等を撮影した写真や動画
②上記各駅や路線に関るエピソード写真(通勤・通学・旅行等の思い出、線路や車両整備に関った思い出など)

3.募集期間

2016年6月1日(水)~7月20日(水)

4.提供方法

同意事項を確認のうえ、次の方法でご提供ください。また、提供いただく写真や動画には、撮影年月日撮影場所撮影者氏名(フォトネームまたはPNでも可)と被写体情報(駅舎名、車両名など)や写真にまつわるエピソードを可能な限り記載ください。

Webサービスを利用 写真データをオンラインアルバム(30days Album)に投稿してください。
【URLより投稿】下記URLよりアクセスし、データをアップロードしてください。
http://30d.jp/shiratakista/1
【メールより投稿】下記アドレス宛てに、写真データを添付したメールをお送りください。
c53ed3521daf83b136138756c820732d@m.30d.jp
【データ形式】 .jpg .jpeg
【データ容量】 1ファイル15MBまで ※動画不可
持参または郵送 上記の各駅および通過車両等を撮影した写真や動画を、DVD等の電子媒体に複製し、下記提出先に持参または郵送ください。
※提供いただいたものは返却しませんので、あらかじめご了承ください。
※撮影場所や日時が異なる複数のデータを提供いただける場合は、データ名等にわかるよう記入してください。

5.提供先

〒099-0111 北海道紋別郡遠軽町白滝138-1 白滝総合支所内 遠軽町教育委員会白滝教育センター

6.提供写真・動画等の取扱いについての同意事項

(1)提供した写真・動画等の著作権は、提供者に帰属します。
(2)写真・動画等の提供に関し第三者の権利を侵害しないものに限る。提供の際は、事前に了承を得ることとし、第三者から権利侵害の苦情等があった場合は、提供者側ですべて対処するものとします。
(3)提供者は遠軽町に対して提供した写真・動画等を町で自由に使用する(複製・加工・展示・貸与・印刷・出版を含む)権利を無償で許諾するものとします。
(4)提供いただいた写真を使用する際は、原則として撮影者のフォトネームまたは撮影者氏名を付して掲載します。
(5)第三者から転載依頼があった場合(他の機関等から使用依頼があり、遠軽町において、その内容について問題ないと認めた場合)の許諾の可否については、遠軽町に一任します。

■お問合せ先
0158-48-2213(※平日午前9時~午後5時まで)

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top
Translate »