Read Article

こどもたちが白滝天狗平で犬ぞりに乗りました

こどもたちが白滝天狗平で犬ぞりに乗りました


 白滝の天狗平は、約140年前に、激しい火山活動によってできた、カルデラ跡だと考えられています。現在は、広くなだらかな高原が広がり、夏にはさわやかな草原風景を、冬には雪を冠した山々に囲まれた、美しい姿を見せます。
 冬の間、その美しい雪原の中を、そり犬たちと犬ぞりを駆って走る犬ぞりツアーを、アウトライダーさんで体験することができます。白滝の厳しくも美しい冬に、犬と仲間になって走る楽しさを、十分に満喫できます。
 3月最後の日曜日、遠軽町教育委員会の主催で、町の子供たちを対象に、犬ぞりの体験と、白滝ジオパーク交流センター、遠軽町埋蔵文化財センターでの見学、体験会が行われました。
 アウトライダーに集まった子供たちは、代表の村林さんから、村林さん手作りの犬ぞりの操作法を教えていただき、1人1台のそりに乗って、コースを1周しました。
 どの犬も、とても人懐こく、そりを引いて走るのが大好きな事が伝わってきます。
 走るのが待ち遠しくて跳ねたり吠えたりする犬たちに、初めは怖がっていた子供も、犬たちと一緒に走った後は、「可愛い。また走りたい。」と笑顔を見せ、そりを降りた子供たちの顔は、皆、輝いていました。
 今シーズンは、4月2日でツアーが終了しましたが、来シーズンが待ち遠しいですね。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )
Return Top