Read Article

第2回企画展

遠軽町埋蔵文化財センター第2回企画展
松浦武四郎『由宇辺都誌』を辿る旅 展 開催!


  幕末の探検家、松浦武四郎が記した本地域の紀行文『由宇辺都誌』を辿りながら、遠軽町の開拓から現在までの遠軽150年史をご紹介します!また、武四郎研究の第一人者として知られる町丸瀬布出身の故秋葉實氏の業績についても触れ、秋葉實氏が収集した資料を中心に、本地域に受け継がれたアイヌ文化についてもご紹介します。
また、本企画展のメインビジュアルの作画は、なんとっ!町出身の漫画家・アニメーター安彦良和氏が手掛けています。安彦氏描き下ろしのイラストとともに、「ユウベツ」の旅をお楽しみください。

■日時:平成30年7月21日(土)~9月24日(月) 9時~17時
■会場:遠軽町埋蔵文化財センター/白滝ジオパーク交流センター(紋別郡遠軽町白滝138番地1)
■料金:企画展は無料 ※ただし、一部資料(武四郎が愛用した「火用心袋」)については、2階有料展示室内となっています。
2階常設展示室 大人300円、高校生以下150円、未就学児無料
■展示構成:
Ⅰ 企画展エントランス展示 武四郎になろう!
Ⅱ 松浦武四郎とユウベツ
Ⅲ 松浦武四郎と秋葉實
Ⅳ インカルシに集った偉人たち
■共催:えんがるの宝を守り、未来につなげるプロジェクト実行委員会/遠軽町/丸瀬布郷土史研究会
■協力:秋葉一実/社会福祉法人 北海道家庭学校/白滝合気会
■後援:遠軽信用金庫/北海道新聞社遠軽支局/株式会社碧雲堂ホテル&リゾート マウレ山荘

企画展関連イベント
リアル謎解きゲーム「インカルシの伝説」開幕!!


幕末の探検家、松浦武四郎が残した一通の手紙
「一五〇年後に開封せよ」
君は残された手がかりを頼りに謎を解くことができるか!?
※ストーリーはフィクションです。

広大な遠軽町を舞台とした、リアル謎解きゲームを開催!ゲームブックを手に入れて、武四郎の「旅の続き」を成し遂げよう。
詳しくはコチラ

Return Top