「北海道白滝遺跡群出土品」国宝指定1周年記念埋蔵文化財講演会を開催します

国宝指定1周年を記念して講演会を開催します。

「北海道白滝遺跡群出土品」が国宝に指定され、6月27日で1周年を迎えました。函館の中空土偶に次ぐ道内2例目、また、「日本最古の国宝」として遠軽町が全国から注目されることとなりました。

「北海道白滝遺跡群出土品」は、「重要文化財のうち考古資料として学術的価値が極めて高く、かつ、代表的なもの」として国宝に指定され、遠軽地域の観光資源としても多くの方に来町いただいています。

この度、国宝指定1周年を記念して、私たちの町の宝「国宝」をより深く知っていただくために、埋蔵文化財講演会「日本最古の国宝誕生」を開催することとなりました。國學院大学講師で元文化庁文化財主任調査官の原田昌幸氏に「北海道白滝遺跡群出土品」が国宝になった経緯と歴史的価値についてお話いただきます。

当日は入場無料となっておりますので、皆様お誘い合せの上ご来場ください。

■ 日 時

令和6年7月16日(火) 午後6時00分から午後7時30分

■会 場

遠軽町芸術文化交流プラザ(メトロプラザ)小ホール

■内 容

演題 「日本最古の国宝誕生」

講師 國學院大学講師・元文化庁文化財主任調査官 原田 昌幸 氏

第1部 講演 「日本最古の国宝誕生」

第2部 対談 「日本最古の国宝誕生」の裏話

■入場料

無 料

■問合せ

遠軽町埋蔵文化財センター(Tel 0158-48-2213)